toggle
2019-06-21

ケアトリートメントで美髪を維持しよう

INFILではケアカラー(¥1,000)という

メニューがありますが、これが何かということを

今回深堀していこうと思います。

ミルボンマイフォースという商品で

全部で二つのトリートメントを提供しております。

 

 

 

 

 


内容としては、

前処理として使用するno1

後処理のトリートメントとして使用するno2


 

植物由来のレブリン酸が、ケミカル施術による

過剰な酸化をしっかりと抑制。

毛髪内部のダメージを抑えてくれます。

 

このレブリン酸はアルカリ剤に含まれるヒドロキシイオンを

レブリン酸のもつ水素イオンで打ち消しあって水を生成し、

タンパク質を破壊する事が低減する作用を持ちます。

 

トリートメントはダメージをしてから

内部の補修をする感じでしたが、

このトリートメントは普段から

コンスタントにカラーリングやパーマ等の

ダメージを減らす、というトリートメントです。

 

これ、普段からやって頂いてるゲストの髪の毛は

綺麗を維持しております。

 

綺麗に褪色していくのも実感頂いております。

 

薬剤の減力作用が少ないので、ヘアカラーやブリーチの

明度ダウンへの影響がほとんどありません。

繰り返し施術をしても髪の強度を保ち、毛先が

へなへなになりにくくなります。

 

まずはマイフォース アシッドディフェンスno1

 

ケミカル施術時(カラー、ブリーチ、パーマ、ストレートパーマ等)

の毛髪内タンパク質の流出を抑え、

ダメ―ジホールの発生を低減します。

 

具体的な施術はそのゲストの髪質に合わせてやっていくのですが、

ドライの状態で塗布していくか、カラー剤の中に混ぜて

施術をしていきます。

 

自分がゲストにトリートメントを提供するときは

このトリートメントを特にお勧めします。

ブリーチオンカラーは処理剤とこのアシッドディフェンスは必須です。

 

 

 

アシッドディフェンスno2はカラーリングを塗布してから

シャンプー台でカラーリングを流して、シャンプー前に

トリートメントを付けていきます。

ケミカル施術後の髪のキューティクルを整え、

うるおい、厚みを与えていきます。

 

施術する側も、これを付けたら少し厚みが出たのが

わかるくらい実感が出ます。

 

髪の毛を補修するのはかなり大変です!!

ハイダメージをもとの状態にすることは

まず無理と思ってください。

一度折った折り紙を元の状態に戻すことは

無理ですよね?

 

ミルボンマイフォースはこの様な

ハイトーンなカラーをされているゲストに本当にオススメです。

何度も言いますが、

髪のタンパク質の流出はダメージだけでなく

ヘアカラーの持ちにも影響します。

 

1回だけではわかりにくいかもしれませんが、

毎回繰り返す事で髪の強度が保持され

ダメージを感じにくい髪になって行きます。

いつかある時に、そういえば最近髪の毛綺麗かも!

と思うはずです。

 

 

髪の内部成分を足すのではなく、

流出を抑えるのが自分の素髪に近い状態を保つことができると

考えております。

実質毎回のトリートメントが¥1,000でできるので

お得ではあります。

カラーやパーマをしても髪が傷みにくいので、

無駄なトリートメントも不要になり、

髪の手入れも楽で簡単になるでしょう。

初めての方はこちらから
クービック予約システムから予約する

 

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください