toggle
2018-03-03

hair salon INFIL 透明感のあるカラーリングでの注意点

透明感のあるカラーリングをしたい場合、

一度髪の毛を明るくして中の色素をなくしてから色を髪の毛に足すことでできます。

今までは透明感のあるカラーリングはブリーチしないとできなかったのですが

イルミナカラーだとそれが可能になるのです!!


ちまたのサイトでは

 

ダメージレスで最高のツヤと透明感!

ダメージ無でしツヤツヤカラー!

外国人風

セレブ風

 

良いと思います

 

が、しかし

 

ブリーチをしなくても綺麗なカラーリングができる。

と言ってますがそれは髪の毛が本当に傷まないのでしょうか?

 

メーカーが傷まないでできると打ち出している為、

ゲスト、ましては美容師も勘違いして

ダメージレスでつやつやでさらさらになるイルミナカラーと思っているのが危険です。

 

ダメージレスで髪につやがでる

そんなことはありません!何かしらで髪の毛に施術をする場合

必ず髪の毛は傷みます!!

 

もちろんブリーチよりもダメージは少ないですが

普通のカラーリングよりかはダメージはあります。

ですが髪の毛はつやつやさらさらにはなります。

カラー剤の色素が中に入っているので一時的にコーティングをしているので。

 

ただ広告媒体の人たちはこんなことは言いません。

じゃないと売れないのでw


なので今回何が言いたいのかというと、

ダメージはデザインとのバランスでヘアスタイルを決めていき

きちんとそのことも理解したうえで美容師に相談して

ヘアスタイルを楽しみましょう!!!

 

やりたい色やデザインに対して、

最小限のダメージで施術をしていきます。

もっと髪の毛のダメージを認識して謳い文句に洗脳されないように

しましょう。

 

ちなみにヘアリセッターカットをすれば発色も良くなり、

本当にダメージレスで綺麗になります。

(薬剤を使わず根元の絡みをとって髪の毛をある程度まっすぐになるので)

 

ヘアリセッターカットについて

 

光が丘 個人サロン INFIL

東京都板橋区赤塚新町3-30-9

03-3976-0292

 

 


 

 

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください