toggle
2018-02-05

hair salon INFIL リセッターカットとCMCストレートでサラツヤ髪になる件

何度も紹介しているリセッターカットですが、新しくお店をオープンしたので

また詳しく紹介していきたいと思います。

 

リセッターカット

 

髪は1つの毛穴から複数生えています。

複数の髪が、根元で絡まっている状態がクセです。

リセッターは、その絡まりをほどき、

前髪の別れクセやトップの割れクセ、

うねりなどを修正していく技法です。

絡み合った髪をほどくことで、

さらさらツヤツヤになり、

お手入れがしやすくなります。

根元の絡みをなくしてからカラーリングを塗布すると、

色の発色もよくなりますし、

もう一つ紹介するCMCストレートの薬剤の浸透も良くなるので

最高です!!

 

さて、このCMCストレートなんですが、従来のストレート(縮毛矯正)と

やり方は一緒ですが、薬の作用が違っています。

最初にデメリットを言うと、

薬剤を付けてからの放置時間が長いこと

基本30分放置しないといけません。

髪の毛を傷めずにゆっくりと浸透、還元させるためには

この放置時間が必要です。

また、ナノ化CMCによるトリートメント効果も

じっくり放置することによって効果が高まります。

時間はかかりますが、ゲストの髪の毛を傷みにくく

仕上がりの満足度を重視した薬剤になっております。

がっつりまっすぐにしたい人にとっては

不向きです。自然なストレートにはなります。

というよりもがっつり縮毛の人はクセがかなり残ってしまう

可能性がありますのでその時は普通の縮毛矯正の薬剤でやっていきます。

このくらいだと少し難しいです。

今回リセッターカットとCMCストレート

一緒にやって頂いたゲストの髪の毛はこんな感じになりました。

サラサラで天使の輪っかがでていますね。

毛先はまっすぐではなく少しのクセが残っていて、

ブローがやりやすくなったスタイルです。


 

CMCストレートが傷みにくい理由

システアミンという非常に小さな分子なので、

アルカリ剤などで髪の毛を膨潤させ

キューティクルを開かなくても隙間から髪の内部まで浸透してくれます。

なのでダメージが少ないです。

ノンアルカリ、ノンチオ


金髪ハイブリーチ毛にも対応しております。

かなり注意が必要ですが可能性はあります。

一人一人カウンセリングをしてできるかの判断をしていきます。

 

ストレートは痛むもの。

という考えを消してしまうことになるでしょう。

今まで体験したことのないほど感動できるストレート剤です。

R5はアルカリ剤が入っていないため軟化はしません。


 

なお、施術が終わったら、

hair salon INFIL

ではINFILオリジナルコーヒーや紅茶を

提供しておりますのでくつろいでいって

下さい。



hair salon INFIL

東京都板橋区赤塚新町3-30-9

03-3976-0292


 

 

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください