toggle
2017-10-26

赤味やオレンジ味の強い人必見!ヴェールカラーで限りなくアッシュに近づける方法!!

ヴェールカラーやイノセントカラーってご存知でしょうか?

 


アッシュなど色味そのものではなく、

ヴェールカラーはヴェールを被っているような

透明感のあるカラーのことを指したりと、

ニュアンスを表現するカラーですがそもそも

髪質によっては中々アッシュって出づらい髪質の方も

いらっしゃいますよね?

 


 

 

そんな赤味やオレンジ味の強い人に対してのカラーリングの

方法としてのヴェールカラーのやり方を今回は紹介します。

今回のゲストのbeforeから

クセ毛なのと縮毛矯正をされているのと

何より毛先が量を取られ過ぎてスカスカの状態です。

濡らした状態です。

トップから中間にかけて明るいオレンジ味の褪色

してあるのが分かります。

毛先は縮毛矯正とカラーリングを繰り返している

ので少し色が暗く沈んでいるのが分かります。

 

ゲストの要望は

  • 髪の毛をサラサラにしたい。
  • アッシュにしたい(青に近づけたい)
  • ブルーブラックに近づけたい

 


 

 

カラー剤レシピはいたってシンプル。

6レベルのカーキアッシュ単品を塗布していきます。

塗る順番を根元から中間の明るい所、最後に毛先を塗っていきます。

塗り終わった状態

少し時間が経ってくると中間の部分がカーキアッシュによって

ニュートラルブラウンに近づいてきました。

ここからポイント

ヴェールカラー

柔らかな光のヴェールが髪とメラニンを包み込んで、

透き通るような質感を作るカラー。

 

自分の言うヴェールカラーは、

更にここからヴェールのように色を

かぶせる事を指します!!!

 

またいたってシンプルに

アクセントカラーのブルー単品を塗っていきます。

 

よくアクセントカラーのブルーやグリーンは10%から30%くらいを

ベースのカラー剤と配合しますが、

自分は単品をドカッと塗っちゃいます。

 

一回赤味やオレンジ味のある色味に対して、

カーキアッシュで色味を打ち消してさらにそこから

濃いブルーを入れることによってアッシュを出していきます。

 

中間の色味がだいぶ落ち着いて綺麗に発色しております。


 

他にも毛先だけヴェールカラーをしたのを紹介します。

かなり色が褪色している状態でこれだけ明るければ

色ガクッと暗くした時にネイビーな色を出すには

良い素材です。

 

カラーレシピは

6レベルのブルーアッシュに更に毛先にアクセントカラーの

ブルーをヴェールカラーしました。

これをよく見てみると、、、、、

毛先がブルーになっているのです!!!

 

ヴェールカラー、いかがでしたでしょうか?

この手法を使えば、赤味やオレンジ味強い人でも

アッシュに近づくことができるのでトライしてみて下さい。

instagram

からDM送って頂ければ対応しますので

お待ちしております。

 

 


 

 

 

 

 

 

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください