toggle
2017-10-03

ブリーチして髪の毛を白っぽく見せるカラーレシピ公開!!

今回のゲストは色を色々変えて楽しんでいるゲストです。

色が変わると新たな気分になりメンズの短さでも新鮮さがあるので

楽しいですね。


まずはbefore

前回のカラーリングはブルーアッシュの一番濃いやつをチョイス。

最初は漆黒に近い色で、白色蛍光灯の上でブルー少し

見える感じでした。

それから約3週間経ってますが普通に良い色になっています。

カットはツーブロックでメリハリを効かせたことで清潔感もキープ。

 

 

色の希望は白っぽく明るい色にしていきます。

ちなみに白っぽくするのにはある程度段階があります。

まぁ良く聞くオーダーではありますが、髪の毛を白くするのは

沢山の工程があります。

それは、、、

 

ブリーチを最低3回以上することが条件です!!

日本人特有の赤やオレンジをなくす事は意外に簡単ですが、

大変なのは黄ばみをできるだけなくす事です!

 

ブリーチを5回くらいやるとそれは黄ばみをなくすことはできるとは

思いますが、髪の毛が耐えられないと思います。

 

髪の毛のダメージが限界に達した時、髪の毛は切れます!!

せっかくブリーチしたのに意味がないですよね?

ゲストの今までのカラーの履歴は、

前々回にブリーチをしていてグレイっぽい色味を

のせています。

前回はブルーアッシュの濃い色味を載せています。

そして今回は白っぽい色味に。

 

 

先程3回はブリーチをしなければならないと言いましたが、

これだと2回でできることになりますね。

今回の場合今まで入れたカラーリングが白っぽくするための土台の

条件が揃っている為、いけると判断しました。

 

 

褪色をした時の髪の毛の土台が良ければ、

かなり白くすることができます。

今は傷みにくくするブリーチもあるので大変助かっております。

 

 

 

今回入れたカラーリングのレシピはこちら

ナプラさんのナシードファッションカラー

シナモンベージュ12とラベンダーアッシュ12の

1対1です。

結構シンプル。

かなり明るいカラー剤で、薄めの設定となっております。

髪の毛の黄ばみをなくすラベンダーとアッシュとシナモンベージュの

くすみ感が白っぽさを演出します。

 

 

 

 

仕上りはこんな感じです。これはウェット状態です。

乾かすと大分印象が違ってきます。

メンズのセットはグリースを付けた時と、ジェルを付けた時、

ワックスを付けた時で色が違って見えるのが良いところ。

上の画像は何も付けていない状態ですが。

ワックスとグリースを付けた状態です。

印象が全然違いますよね?

 

 

髪の毛が硬い人はブリーチをして髪の毛をテロンテロンにすると

セットしやすくなるので荒治療のようですが、意外とオススメです。

カラーリングは段階を踏まえて計画的にしていった方がダメージを

抑えれるのでまずはご相談お待ちしております。

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください