toggle
2017-09-06

カラーリングやパーマをした当日の夜はシャンプーをしないほうがいいの?

結構聞かれる質問です。

 

ただどのようなカラーリングやパーマをしたかによって状況が変わってきますね。


カラーリングでしたら、リタッチ(根本の黒い部分のみ染める)のみ、

ブリーチやライトナー(髪を明るくするためだけのお薬)でのトーンアップとかなら

色味のデザインは関係ないのでシャンプーしても問題はありません。

 

 

それ以外で、毛先まで色を入れた場合は基本的にはシャンプーはしない方が色持ちが良くなります。

カラーリングの場合、染料が髪の中に入って染まってはいるのですが、

これでシャンプーをしたらきっとその染めた色の泡が少し出てくる可能性があります。

洗浄力の高いシャンプーを使うとより色を入れた染料が流出してしまうので注意が

必要です。

カラーリング後48時間ほど時間をかけてゆっくり髪の中の組織に定着していきます。

 

なので毛先までカラーリングをした後はシャンプーはしないほうが良いです。

 

さらにカラーリング直後は、髪の毛の表面のキューティクルが開きやすい状態にあるので、

水分を吸ってしまうといつも以上にフタが開いて髪の中の組織が流れて出てしまいやすくなります。

なので美容院でカラーリングをして、もし小雨が降っていた場合は傘で確実にガードしてください。

 

パーマの場合も、シャンプーをしてしまうとパーマのウェーブがまだ完全ではないので、

シャンプーでガシガシ洗ってしまうとパーマのだれの原因になってしまうこともあるので

気を付けましょう。


髪を濡らすとキューティクルが膨張し、毛穴が開くような感じでキューティクルも開きます。

 

カラーの後、パーマの後はお薬の作用により、一回キューティクルを開くのでかなり髪の毛は

デリケートな状態になっております。

 

さらに、お湯の温度が高ければ高いほど、キューティクルは開きやすくなるので、

これも色落ちやパーマのだれの原因になります。

なのでせめてお湯は温度低めが良いでしょう。

 

自分の考えでは、1日目は髪の毛を濡らさないようにして、

2日目は髪の毛を濡らすのは良いですが、シャンプーをせずに

洗い流すトリートメントを付けて流すくらいがおススメです。

 

少しでもカラーリングの色とパーマのウェーブを持たせたいのであるなら、

実践していただきたいです。


美容室での施術は1日ですが、後の髪の毛のケアはゲストのライフスタイルによって

大きく変わってきます。

ほんの少しの手間を積み重ねれば、持ちは違ってきます。

 

 

しかし、カラーリングやパーマをした後に出かける予定があり、

セットしてスタイリングなどを付けた場合には、

髪の毛を洗いたいですよね。髪の毛がべとべとのまま寝ることは少し気持ち悪いと思います。

 

神経質すぎてもよくないので、

以下の内容にに気を付けて洗って頂ければ良いと思います。

お湯の温度はぬるめシャンプーはガシガシ洗わず、

優しく洗うトリートメントはしっかりとつけ、

クシで優しく梳いてもつれをとって

極力髪が濡れている時間を減らすお風呂上りにはすぐに髪を乾しましょう

 

 

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください