toggle
2017-05-06

伸ばしかけの髪の毛は跳ねさせて動きをだそう

伸ばしかけの髪の毛ほど

ストレスが溜まるのはないかもしれません。

髪の毛を伸ばしている時は、

ちゃんと伸びているのかさえも疑いますし、

肩に跳ねるのが嫌でまたショートボブにしてしまう方も

中にはいらっしゃいます。

 

 

 

この肩下になるまでは我慢も必要ですが、

跳ねるのなら逆に跳ねさせて動きを出しても良いとおもいます。

今回のゲストのスタイリングは、

コテアイロン26ミリを使用しておりますが、

自分でやる場合は、ストレートアイロンで軽く毛先をCカールにするだけで

一気に優しいふんわりしたスタイルができるのでオススメです。

 

 

 

 

 

髪の毛を伸ばしていく過程で自分が一番心がけていることは、

髪の毛の量を変に梳かないこと。

これがかなり大事です。

確かに髪の毛を梳いても髪の毛は伸びますが、

いざ目標の髪の毛に到達した時には、

毛先がスカスカになってしまうことがあるので、

せっかく髪の毛を伸ばしたのに手触りが良くなくて、

結局切ってしまうということにもなりかねません。

 

 

 

 

あとは髪の毛にパーマをかけてしまうというのも一つの手です。

全体的にパーマがかかっていれば跳ねているのも

一つのデザインになるので思い切ってパーマをかけるというのも良いと思います。

 

 

 

 

とはいえやっぱり早く伸ばしたい。 そんな人のために、

ここでは少しでも早く髪を伸ばす方法を

いくつか紹介したいと思います。

毎日少しの手間によって1ヶ月2ヶ月後の髪の毛が違ってきます。

 

 

まずは今使っているシャンプーから見直していきましょう。

髪を早く伸ばすには、土台である頭皮が綺麗なことが大切です。

皮脂の汚れで毛穴が詰まっていては伸びるのも遅くなってしまいますし、

逆に洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎると、

頭皮が乾燥してしまったりするので洗浄力はマイルドなものをセレクトして、

シャンプーをしましょう。

 

 

 

 

頭皮の血行促進も髪を伸ばすのに重要です。

頭皮の血行が良くないと、髪に栄養が届かずに

不健康な状態になってしまいます。

頭は体の末端にありますから、血流は滞りがち。

特にてっぺんのつむじ辺りが頭皮が硬くなって

血行が悪くなりやすいです。

 

 

 

 

頭皮マッサージをする際には

手のひらの掌底を頭のサイドに持って、

上に持ち上げるようにすると気持ちいいですよ。

あとは自分の髪の毛を引っ張ることで

血流が良くなるのでやってみてください。

(髪の毛が抜けないように加減しながらやってくださいね。)

 

長い時間する必要はありませんので数分の頭皮マッサージを続けてみてください。

ただこれもめんどくさいという場合には是非ヘッドスパしに来て下さい!

マッサージのやり方も教えます!

 

 

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください