toggle
2017-05-01

くせ毛で悩んでいる人。勇気を出してショートにしよう!

くせ毛で悩んでいる人はショートにしてくせ毛を

生かしてあげるというのもありだと思います。

でもくせ毛でこんなにボリュームが出るし、

ショートにしたら収拾がつかなくなりそう。

 

 

 

 

くせ毛にもよりますがところどころねじれていたり、

波打つ波状がかった巻きの強いカールだったり、

カールの大きさに均一感がなかったり、

ボリュームも出やすいなど色々あると思います。

この条件が全て揃っていたりすると確かに難しいですが、

髪の毛を短くすると髪の毛が収まっていい感じに

勝手に動いてくれるパターンもあります。

 

 

 

 

くせ毛の髪質の特性に合わせて注意すべき点を

理解してカットすればスタイリングがしやすくなりますし、

その人にしかない個性ある髪型をすることができます。

今回のゲストは今までボブくらいでストレートパーマをかけていましたが

思い切ってショートにしたらパーマもかけていないのに

ソフトワックスくらいのセット力で十分動きが出るスタイルが完成しました。

あとはくせ毛を20パーセント軽減してくれるリセッターカットをすれば

よりスタイリングが楽になるし、

髪の毛が乾くのが非常に早くなるのでオススメです。

 

 

 

 

リセッターカット

一つの毛穴から髪の毛は約2〜5本の髪の毛が生えていますが、全ての髪の毛がまっすぐ生えているわけでは

なく、根本から絡まっております。この絡みが生えグセの原因です。

クセ毛にも色々な種類がありますが、リセッターカットはその絡みをなくして一本一本を

まっすぐに修正するカット技法です。

こんな髪の毛のお悩みございませんか?

トップがパッカ〜ンと割れる
前髪がパッカ〜ンと割れる
髪の毛をサイドに流しにくい
襟足が浮いてしまいヘアスタイルが決まらない
トップのボリュームが出ない
ツヤツヤサラサラになりたい
このようなお悩みでしたらヘアリセッターカットで修正できます!

どのような効果があるかというと、、、、、

トップがパッカ〜ンになりにくくなる
前髪がパッカ〜ンになりにくくなる
襟足が落ち着いて沿いやすくなりスタイリングしやすくなる
ツヤツヤサラサラになる
髪の毛が落ち着いて収まりが良くなる
ボリュームが減る
寝癖がつきにくくなる(寝相によりますが笑)
何より薬剤を使用しないで髪の毛のクセを改善できるのが魅力的ですね

リセッターカット技術は、切らない技法が3つと、切る技法(根元から切る)が1つの合計4つの技法から

成り立ってます

切らない技法

リセッティング    根元の絡みをなくして浮かせる

プレスシェープ    序列を整えて髪の毛の流れをつける

アンティング     根元から毛先までとかす縮毛矯正の前処理にオススメ

切る技法

ポインティング    絡んでいる毛を根元から切る。上記の3つの技法をしてから切るので

            曲がっているのだけをチョイスして切ることができます

 




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください