toggle
2017-04-28

根元からドライヤーを当ててふんわりスタイルをキープしよう!

ゲストはすごく髪の毛が綺麗で色がすぐに入りやすい髪質をされています。

故に例えば8レベルの明るさに染めたとしても、

仕上がりは10レベルになってしまうので、

根元のカラーリングをする時は自分が思っているカラー剤よりも、

少し暗めの色をチョイスして丁度よくなる感じになります。

髪が普通より細く量は少し多いくらいの髪の毛です。

直毛でクセもなく良い髪の毛ですがトップが潰れてしますのが、

お悩みで逆にサイドの髪の毛が多くて耳に髪の毛をかけても

しばらくすると落ちてきてしまうとのことでした。

 

 

 

 

カラーは赤味を削ってくれるスローカラーのアッシュ8レベルと、

モノトーン8レベル1対1をミックスして毛先は塗布しました。

根元は明るくなりやすいので、

アッシュ7レベルに一緒に混ぜる2剤のパワーを少し抑えて塗布しました。

個人的にスローカラーのメリットは

色がアッシュベースのまま抜けるので、次回にスロウで色を重ねるとより赤みが削られて前より良い色のアッシュになる。実際自分のゲストが継続的にスローカラーをされているのですが今すごい綺麗な色をされていてコンディションがすごい良い状態です。

そして次に個人的に好きなのはカラー剤の粘度が絶妙です
もう、だいぶと慣れましたが最初は粘度の柔らかさに驚きました。今までにはなかった柔らかさです。

とまぁこんな感じですかね。

 

 

 


さて、ゲストの髪の毛はトップが潰れていなければサイドの髪の毛もそんなに気にならないと思い、

トップの根元を立ち上げる為にオールバックで最初乾かします。

あとは毛先をストレートアイロンで、

ワンカールすることでワックスを付けて動きを出したのがこちらです。

 

 

 

 

 

 

夏に向けて明るくしたい場合は今から徐々に髪の毛を明るくしていけば夏には良い状態で明るいカラーリングで狙った色にすることでできると思うので、計画を立てながらカラーリングをしていきましょう。

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください