toggle
2017-04-26

新色を使ったカラーリングで透明感と暖かみのある色を表現

美容メーカーナプラさんから出たカラーリングのご紹介をしたいと思います。

 

 

 

モノトーン

髪の毛に透明感を与え軽さを出したい時や

何色にミックスしても

間違いのない万能型の色になってますね。

これ単品で入れても綺麗なのですが、

やはりブリーチした色にいれた方が綺麗ですね。

地毛からの色は自分は正直わからないかなぁと個人的な意見。

 

 

 

 

カーキアッシュ

これ便利です。

普通にカラーリングをする人で大体明るさは8レベルくらい。

でアッシュにしたいといっても、

明るさのレベルが6から8って

一番赤みが強いので色が出にくいのです。

やはりアッシュを出すには明るさが、

12レベルくらいにベースの色を

してから入れないと難しいです。

カーキアッシュはそんな8レベルくらいでも、

比較的アッシュ感を出してくれるカラー剤です。

赤味をカーキが抑えてくれて残りのアッシュで色を入れてくれるので

絶妙なバランスを可能にしてくれたカラー剤です。

 

 

 

 

フォギーベージュ

これアッシュとベージュの色が混ざった色です。

アッシュでも奇抜にならない様に無難なベージュを入れると、

柔らかいクールな印象にしてくれるしベージュって

誰でも似合うんじゃないかなと思います。

これも比較的ベースが明るめの色の時に入れてあげれば

かなり良い色ができるんじゃないかなぁと。

 

 

 

 

 

ということで、カラーリングの新色を3つ出たのでそのうちの

2つ新色同士を混ぜて使ってみました。

使ったのはモノトーンとフォギーベージュです。

ベースの色はこのくらいです。

最初に乾いた状態で撮ればよかったのですが(すみません)

表面の色は12レベルくらいの明るさで他は9レベルくらいです。

やはり表面は紫外線の影響で色が褪色してきてしまうので、

しょうがないのですがその部分が良い色が出てくれます。

カラーリングのレシピは

フォギベージュ8レベルとモノトーンの8レベルを3対1の割合でミックスしました。

このくらいの明るさのベースだと暗くもなり過ぎなく、

明るくもなり過ぎない色のレベルのチョイスは8レベルが良いです。

結果こうなりました。

 

 

 

 

わかってはおりましたが、良い色ですね。

透明感もあり暖かみのある色。

お分り頂けたでしょうか?

色によってその人の第一印象が違ってきますので

本当に色って大事だなぁと

つくづく感じます。

髪の中に色がたっぷり入ってそれがじわじわと滲み出る様に発色して、

風が吹いた時にふわっと透明感のある色が見えるのは、

きっと毎日が楽しく過ごせるんではないでしょうか?

とってもオススメの色なので皆さんこの色にしましょう!!

 

 



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください