toggle
2017-03-21

透明感ある外国風カラーの作り方

ふ髪の毛の中にある色素を一回脱色してから

人工的に色素をいれてあげる

ことによって透明感のある髪の毛が手に入ります。

その人がどのくらいの明るさをねらっているか?

髪の毛が密集していると、

髪の毛が暗く見えますが、

髪の毛が揺れて動いたり風でなびいたりすると

透明感のある明るいカラーってわかる色にしました。

どんな感じかというと下の動画を見て頂くとわかりますので

どうぞ↓↓↓↓↓↓↓↓

まぁこのくらいのカラーリングにしたい場合は、

ブリーチを2回は髪質によってはしたいかもです

今回のゲストは元々髪の毛が明るくなりやすいのと、

一度ブリーチをしてある髪の毛でしたので1回で済みました

まずはブリーチ。容赦のないブリーチ。色を入れる為に色素を削っていきます

頭皮が痛くなる人に関しては根元を少しあけて、

ブリーチをすることも可能です。

こんなに黄色っぽくなったなと思っていても、

いざ流してみると、、、、

ちょいオレンジ味を感じさせる明るさになりました。

ここからたっぷり濃い色素のカラーリングを塗布することにより綺麗な

色合いになります。

今回使ったカラーリングは

グレージュブラウン

ラベンダーアッシュ

モノトーン

この3種類のカラーリングをブレンドして作った

オリジナルレシピ

結果こうなりました。

正直これだけ見るとブリーチしているのが

嘘なくらいくらいの色合いになりましたね☝︎

ですが動画を見てもらえたならわかると思うますが、

揺れるたびに髪の毛が透けて見えて全体的に軽く

柔らかく魅せるカラーリングです。

清楚。

清潔感。

抜け感。

色っぽさ。

こういった印象を表してくれるのでそうしたい方、

オススメです✨

黒髪の存在感はしっかり黒!!って感じで主張が強い色ですが、

この透明感のあるカラーリングは

透けているように見えるので少し量が減った感じがしますし、

軽くなった感じもします。

また、髪の毛の発色、つまり光の反射が悪いとそう見えないので

色素をたっぷり入れてあげて

髪の毛にツヤを出してあげるのがとっても大事です!!!

 

 

 

まぁまとめると透明感のヘアカラーをするためには一度

ハイトーンにするかブリーチをするのが良いということですね。

日本人の髪の色は赤み👉オレンジ👉黄色になっていきます。

なりたい色によってどこまで色素を抜くかを

決めていきますが、透明感のある色を出すには

少なくともオレンジ色(12レベル)以上が必要です✌️

       最高の色を手に入れて自分だけの色を手に入れましょう✌️








関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください