toggle
2017-03-19

リセッターカットの効果 徹底比較!!

最近はおかげさまで1日に必ず2人くらいは、

ゲストにリセッターカットをさせて頂いております✌️

 



 

自分ではなかなか根元が絡まっていると、

自覚をしていないゲストにリセッターカットを進めると、

やった後とやる前の画像を見せたり、

実際に触ってみて頂いて結果を実感してもらってます✌️

これはリセッターカットをやる前とやった後の比較画像です

before                           after

よ〜く見ればなんとなく

クセがとれているのがかろうじてわかるかなぁ、

というところでしょうか👐

 

 

 

まず後ろの画像は中間部分が

少し収まりが良くなったかなと思います✨

横の画像はトップの高さが少しリセッターカットをやった方が

高くなっているのはお分かりだろうか?

このようにすごく微々たるところですが、触り心地はサラサラなのです!!

ただこれ、

まだリセッターカットしかしてないのでこれからカットもしていくと。。。。。

 リセッターカット前       リセッターカット後とカット

なんか柔らかく見えませんか?

本来絡まっていなければ髪の毛の可動域は,

かなり広いのでしなやかに歩くたびに自然と揺れていい感じですが、

絡まっていると髪の毛がある意味拘束されて動きのない

スタイルになってしまいます。

これに更にコテアイロンで動きを出していきましょう✌️

。。。。。ええ感じや✌️

ストレートをした硬い質感ではなく、

髪の毛が本来自然に落ちるところにしっかり

落ちると柔らかいしなやかな質感になってGOOD👍

未だに体験したことない方も是非体験してみてください!!

 

リセッターカット

リセッターカットとは、、、、?

一つの毛穴から髪の毛は約2〜5本の髪の毛が生えていますが、全ての髪の毛がまっすぐ生えているわけでは

なく、根本から絡まっております。この絡みが生えグセの原因です。

クセ毛にも色々な種類がありますが、リセッターカットはその絡みをなくして一本一本を

まっすぐに修正するカット技法です。

こんな髪の毛のお悩みございませんか?

トップがパッカ〜ンと割れる
前髪がパッカ〜ンと割れる
髪の毛をサイドに流しにくい
襟足が浮いてしまいヘアスタイルが決まらない
トップのボリュームが出ない
ツヤツヤサラサラになりたい
このようなお悩みでしたらヘアリセッターカットで修正できます!

どのような効果があるかというと、、、、、

トップがパッカ〜ンになりにくくなる
前髪がパッカ〜ンになりにくくなる
襟足が落ち着いて沿いやすくなりスタイリングしやすくなる
ツヤツヤサラサラになる
髪の毛が落ち着いて収まりが良くなる
ボリュームが減る
寝癖がつきにくくなる(寝相によりますが笑)
何より薬剤を使用しないで髪の毛のクセを改善できるのが魅力的ですね

リセッターカット技術は、切らない技法が3つと、切る技法(根元から切る)が1つの合計4つの技法から

成り立ってます

切らない技法

リセッティング    根元の絡みをなくして浮かせる

プレスシェープ    序列を整えて髪の毛の流れをつける

アンティング     根元から毛先までとかす縮毛矯正の前処理にオススメ

切る技法

ポインティング    絡んでいる毛を根元から切る。上記の3つの技法をしてから切るので

            曲がっているのだけをチョイスして切ることができます








関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください