toggle
2017-02-16

縮毛矯正をやめてリセッターカットでクセ毛を生かすには

クセ毛を活かしたカットで縮毛矯正はもう卒業。

じゃあいきなりクセ毛を活かしてセットできるかというと

難しいというのが現状です。

 

 

何が難しいというと、今まで縮毛矯正をしていたところは

ストレートなのに対して根本はクセ毛だから

髪の毛の質感が違うので違和感があります。

本来髪の毛はしなやかに自然と重力に逆らわず落ちるのでとても自然ですが、

縮毛矯正をした髪の毛はダメージやスタイルにも

よりますが真っ直ぐピーンとしているから

上手くセットできないと思います。


 

 

要するに髪型として残る部分は全てその人の本来の地毛。

そう、クセ毛でないといけないんです。

では大体どのくらい髪の毛を伸ばしていけばいいのかというと、

個人差はありますが、1年くらいは伸ばして欲しいです。

長いですね。長いですよね。自分もそう思います。

しかもできるスタイルはショートボブかショートカット。

やはり長いと髪の毛が爆発して頭が大きく見えてしまうと思うので

ショートが良いと思います。

なのでおよそ最後に縮毛矯正をしてから1年は経過していれば良いと思われます。

1年、、、、

長くね?

そうですね。でも我慢して伸ばしていくしかありません。

なので質の良い髪の毛をその間に育てていきましょう⭐️

そこで全体的にリセッターカットをすれば根元の絡まりがなくなる分少し髪の毛が長く感じるのと収まりが

よくなるので髪の毛の個性を活かせます!!それで徐々に徐々に毛先を少しずつ切っていって

ドライヤーで乾かす前にもアウトバストリートメントをつけて、乾いた後にも付けましょう。

それでもパサつく人はムースもオススメです。あとアウトバストリートメントを付けたあとは

クシで髪の毛をとかしてください⭐️これをやるやらないで大分馴染みが違ってきます。

ちなみにリセッターカットをやる前とやったあとの違いです

やる前↑                    やった後↑

襟足が浮かずに沿うようになりました✌️

普段は毎日ストレートアイロンをかけてるゲストでしたがこれならハンドブローでこんな感じに仕上がりました

リセッターカットをやってみたいという方、まずはカウンセリングだけでもお待ちしてます〜✌️

リセッターカット

リセッターカットとは、、、、?

一つの毛穴から髪の毛は約2〜5本の髪の毛が生えていますが、全ての髪の毛がまっすぐ生えているわけでは

なく、根本から絡まっております。この絡みが生えグセの原因です。

クセ毛にも色々な種類がありますが、リセッターカットはその絡みをなくして一本一本を

まっすぐに修正するカット技法です。

こんな髪の毛のお悩みございませんか?

トップがパッカ〜ンと割れる
前髪がパッカ〜ンと割れる
髪の毛をサイドに流しにくい
襟足が浮いてしまいヘアスタイルが決まらない
トップのボリュームが出ない
ツヤツヤサラサラになりたい
このようなお悩みでしたらヘアリセッターカットで修正できます!

どのような効果があるかというと、、、、、

トップがパッカ〜ンになりにくくなる
前髪がパッカ〜ンになりにくくなる
襟足が落ち着いて沿いやすくなりスタイリングしやすくなる
ツヤツヤサラサラになる
髪の毛が落ち着いて収まりが良くなる
ボリュームが減る
寝癖がつきにくくなる(寝相によりますが笑)
何より薬剤を使用しないで髪の毛のクセを改善できるのが魅力的ですね




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください